フェイシャルエステの種類について

エステのメニューの中でも特に大人気のフェイシャルエステですが、エステサロンによって種類や効果に違いがあります。

最近のフェイシャルエステで主流となっているものを知っておくなら、自分に合ったサロンやメニューを選ぶのに役立ちます。知らないメニューがある時には、どのような効果があるのか比較してみましょう。

・ケミカルピーリング  酸性のピーリング剤を肌に塗布して、肌表面の古い角質を除去し、ストレスや加齢、生活習慣の乱れによる肌のターンオーバー機能を正常に戻す作用があります。
シミの原因になるメラニンを除去して、ニキビ跡、黒ずみ、くすみを薄くすると共に、肌荒れにも効果があります。

・光エステ フォトフェイシャル IPLと呼ばれる特殊な光を顔に当てて、シミやくすみの原因になるメラニン色素にダメージを与えて、コラーゲンの生成を促すことにより、肌の潤いやハリを保ちます。
レーザー光線よりも肌に優しい光で、痛みや肌への負担は少なく、安全性も高いと言われています。

・イオン導入   微量の電流を肌に流して、イオン化したビタミンCやプラセンタなどの有効成分を肌の奥まで浸透させる方法です。イオン化したビタミンCは、通常のビタミンCの約30倍~100倍の浸透力があり、シミやそばかすに効果的です。

・リフティング 顔のたるみやシワをマッサージによってリフトアップする方法です。ヒアルロン酸やセラミド、レチノールなどの美容成分を使用してマッサージすることにより、潤いを保ちながら肌を引き締めます。

・ホワイトニング 美肌効果のあるホワイトニング剤を肌に塗布して、マッサージすることで、肌のくすみやシミ、そばかすを解消します。その他、日焼けなどの肌のダメージ回復にも効果的があります。

フェイシャルエステと言っても様々です、体験とかに行く際には、自分の目的にあったサロンを選ぶようにしましょう。